あじぇんだぜろのぜろ。

=Agenda0.の電脳ホーム=

りぼん≫ときめき連載開始号・後編

2016.08.03 (Wed)
気付けばもう8月…今年が既に半分以上終わっていることに恐怖を覚えつつ、とりあえずもうコミケまで働きたくないパフェ食べたい布団で暮らしたい、などと思っている田仲さんです(安定の駄目人間)
あ、でもシンゴジはめっちゃ見たいんですよね…庵野氏のフェチズムと無印ゴジラへの敬意がこれでもかと感じられる1本と、評価も高いようで。あー!返す返す現職場の立地!!仕事帰りに映画館に寄り難い!贅沢かも知らんけど、これだけでグッと日常的な娯楽が奪われる!…早速見た友人によると凄い絶望感らしいので、早く絶望したい(アンギャーッ)

≪りぼん・ときめき連載開始号後編≫
P1020799.jpg
ほんなんで、りぼんときめき初回号紹介その②です。
サンデーやぴょんぴょん紹介と同じく、後半は雑誌全体の
リアタイ色を見ていこうかと。

P1020822.jpg
巻頭カラーの企画が面白い。
作家さんごとにお気に入りの夏の歌を選んで、
書き下ろしのイメージイラストと共に歌詞を掲載すると言う…

これも今はない企画ですよね。

P1020823.jpg
今みたいに検索すればすぐ歌詞や歌そのものが
出てくる時代じゃなかった。ちょっと気になるあの歌の
歌詞を知りたいってなったら、レコードを買う、借りる
以外は流れてくる曲の耳コミくらいしかなかったんじゃないかしら。
…あ、レコードですよ!レコード!!OK?!(爆

P1020824.jpg
タイガースにユーミンにRCサクセションと言う
チョイスが痺れるジェネレーション!!

でも好きな作家さんがその曲のイメージイラストを
描いてくれる特集とか、凄い面白いよなぁ。

P1020827.jpg
次号の付録や応募サービスのお知らせ。
前編でも書きましたが、このようにアラレちゃんグッズが
目玉として大きく場所をとってアピられております。

P1020825.jpg
りぼんオリジナルの宣伝なんかも。
人気作家の読み切りの他に、デビューしたての
若手の力試しの場と言うか…賞をとって、まずこちらに
載って、読者の反応を見る…みたいな場ですかね。


そんな感じのお試しで~
P1020826.jpg
はい!猫・猫!!!
微妙におざなりなキャッチ「かわゆいコメディ」とは(爆
ここで好感触を得た後にりぼん本誌で連載ってパターンですよな。

P1020814.jpg
前回もUPしたこの号の目次。
連載よりも読み切りの方がデカデカと載っている不思議。
どれもこれも時世の香りを感じるオシャレタイトル。

P1020815.jpg
父と母がアシスタント(衝撃
マジでか恋しぇんしぇー…理解ありすぎだろ親…
と言うか、例え理解があっても自分だったらMY原稿の
手伝いとか2回死んでも親になどさせられませんが(口血


P1020816.jpg
次号予告。

P1020817.jpg
お約束の早すぎる「早くも大評判」
恋師が「第一回目はどうでしたか?」って
聞いてるのに(笑


P1020818.jpg
そして集A社の他少女コミックスはこんな感じの頃。
弓月光が少女漫画で慣らしていた時代ですな。

最後は今も昔もある意味一番の見どころ、読者のお便りコーナー。
P1020819.jpg
あ、でも昨今のお便りコーナーってどうなってるんですかね?
今の子もハガキとか書くのかしら…?やはり全部ネット経由なのか?

P1020821.jpg
死 ぬ (自害)

ペンネームで良かったですね愛知県の稜さん!!うっかり本名投稿していたら、後々腹を切るレベルでしたよ!コワイ!思春期コワイ!!(震え)…何だってあの時期は無性にポエムを作りたくなるのか。田仲も身に覚えがあるゆえ、他人事じゃないですよ。何時だったか思春期時代に白地の扇子に綴ったポエムが出てきて…平安貴族か!!と、過去の己に悶絶したことが(方向性?!)
そんな感じで、ときめき初回掲載号りぼん紹介でございました。やはり雑誌は見どころが多くてテンション上がる…マニア店でもりぼんって中々出土されないんですよね。特に80年代は。どの雑誌も少女系は、何故か70年代の方が出回りやすい。もっと無印ときめきが掲載されてるラインのりぼんが欲しいのですが~

コメント

ポケGOで補導155人になんとも頷く私です……夜中。←当然考えますよねえこの手段!(夏休み!)いやね、中年のおっさんだったら夜中ひとりGETしててもなんでもどうでもいいけど、子供さんはダメですね…(過渡期)田仲さん案のSANRIOもいい。基本的に三等身系のが町にお散歩みたく現れるかわいい。GETって乱暴とか思い出す私ですよ……←やりづらい人に他ならない(笑)ポケGOは煽り半端なかったですね。海外含め。
りぼんときめき連載開始号後編、中身の構成というか、いやこれスゴいなあ。ポエム!死ぬ!かー!(笑)若さゆえですね…(とても潔くたどり着いてしまう。結果論に!笑)
またあの娘は好きな男の子を描くんでしょうね。
とにかく絵が好きすぎる世代のりぼんでした。また田仲さんにときめき初代編のりぼんが当たるよう祈っております。
いや、なるみちゃん編はほんとに嫌われてますね。驚く!私世代なもので、コミックスもそこ。もしかすると蘭世編に比べたらなるみちゃんは二次創作的な位置にあるかも(涙)友達はなるみちゃん好きすぎて髪型真似してましたし(勉強できてかわいいモテる子でしたよ…)、私も全プレは制覇していたなるみちゃん編の待遇の悲しさに拗ねますね。無意識に友人含めまさかの難民位置にいたとは……。←ときめきトゥナイト的な意味で…。まったくもってやりきれませんよ。当時はまちがいなく流行ってたんだよなあ。なるみちゃん編は、絵柄やココがかわいいですよね。ちびうさ勝手に思い出してます…。やりきれない。なるみちゃん編はかわいいんだぞ。
それでは。次回も楽しみにしてます☆
Re: こまつ様
コメントありがとうございます、こまつ様。
なるみちゃんは別に嫌われてませんよ?(苦笑
寧ろ可愛いけれど可もなく不可もなくと言うか、普通に良い娘さん。
なるみ編が無印FANに敬遠されがちなのは、ヒロインでなく
ボーイフレンド枠の鈴世なんですよ。

不可抗力な部分があるとは言え、あの愛らしい「ぼくっこ」で
何時だってお姉ちゃんの味方、ただただ愛らしい『弟』キャラだった
鈴世くんが…あのような、みたいな(爆
チップルとか苦手だったなぁと…

まぁあの当時のボーイフレンドで真壁くん(殿堂入り)を
超えることは実質不可能だったため、仕方がないキャラ模索とも言えますが。

管理者のみに表示

トラックバック