あじぇんだぜろのぜろ。

=Agenda0.の電脳ホーム=

ストップ!!ひばりくん!》きせかえ+ヅカるろメモ

2016.04.13 (Wed)
先週末お優しい同志様の計らいで、宝塚雪組公演『るろうに剣心』を鑑賞し…清く正しく美しくお腹痛い、素晴らしい時間を過ごすことができた田仲さんです(ありがとうございましたー!!)
ベルばらぶりのヅカさんでしたので、久しぶりの華麗なる異次元空間を堪能してまいりました。ヅカもるろも歌舞劇も好きだし、是非生で観劇したいと思っていたんですよ!でも予想に違わずチケは瞬殺…すっかり諦めて円盤で観るかと思っていた矢先に、こちらの、少女サイドの同志様からチケを融通していただけまして!!この場を借りて、重ねて御礼申し上げます!(深々)記事末尾に自分ちょいメモを隠しておくので、気になる方はどうぞ~

《ストップ!!ひばりくん!・きせかえ》
P1020643.jpg
殿方よりも漢らしいヅカ女性の前に…本日は
女子よりも女子力高い、元祖『男の娘』漫画
ひばりくんのきせかえなぞ。

P1020644.jpg
ひばりくんものはひょっとして紹介初めてですかね?
ちょいちょいコレクションあるのですが…

P1020645.jpg
「こんな可愛い子が女の子のはずがない!!」
一人だけ別格のカラーリング、コケティッシュでキュートで
ラブリーでどこかセクシーな…正に男子の理想の存在。
それがひばりくん!!一人称「ぼく」が余計に可愛い!

大空姉妹(姉妹、ですよ!)が表紙裏表紙に全員いるのも
嬉しいし、例の白いワニがナチュラルにマスコット化している
のもいいですよね(笑

P1020646.jpg
それでも「ひばりくん」は必ず「くん」表記なのが良いのです。
ジェンダーレスの魅力。だからそれに合わせて、他の姉妹も
所謂「下着」姿ではなく、タンクトップとホットパンツ仕様。
しかしどんだけワニ(幻覚)押しなんだ…

P1020647.jpg
デフォの靴まで可愛い。
当時から溢れ出る江口寿史センスの
オシャレさがアニメにも反映されてましたな。

P1020649.jpg
次女つばめちゃんはスタンダードな優等生美少女。

P1020650.jpg
長女つぐみさんは皆の母親代わり。
サブさんとのエピソードが好きでしたね。

素体が既に膝丈のスーツなので、お着替え服を
選ぶのですが…

P1020651.jpg
ワ、ワニの服まで

P1020652.jpg

P1020653.jpg
左上の赤チェックの服の構造が気になる
ところですが。

P1020654.jpg
表紙裏と~

P1020655.jpg
裏表紙裏が繋がっていて~

P1020656.jpg
こうして見ると、ひばりくんの超女子力高い
お部屋になります。
壁に相合傘書いちゃうとか、
いくら持ち家でも怒られるぞい…(爆

P1020657.jpg
ひばりー!!
結婚してくれひばりーー!!!


ひばりくんは全篇ひばりくんの魅力だけで話が成り立つのが凄いんですよ。ひばりくんが可愛ければ可愛いほど、ギャグに転嫁される。可愛いだけじゃなく、才色兼備で何でもできるひばりくん。アニメEDの『コンガラ・コネクション』は勢いだけで歌うと元気出ますよ!ギターがまさかの布袋寅泰と言うのは有名な話!!
…ほいではでは本日は下にヅカるろ自分メモをちょろっと隠しておきます。田仲さんが斎藤一FANなので、主にはじめちゃんにしか触れていませんが(爆)気になる方はどうぞ~





1460189215510.jpg

生写真を買ってしまったことは
内緒にしてくれよな!!


いやぁ、素晴らしかったですヅカるろ!先だって宝塚大劇場での公演から、評判すこぶる良かったですからね。いろんな方の観劇レポを拝見しても期待が膨らんでおりましたが…非常に纏まりの良い舞台でした。宝塚初心者の原作FANも納得いく、良い意味で「取りこぼしのない」いや、寧ろ「いいとこどり」なレビュー含めて2時間!!
途中で休憩が入っても、中だるみがなく物凄い畳みかけてくる…まったく情け容赦のない芝居構成でゴザッタ(爆)で、田仲さんはなまるろ映画も大好きなのですが、

raku107720.jpg

全キャス、なまるろ映画より漢らしい
と言う事実(男の中の男)


オレンジよりもオレンジ味ってやつですよ!女形の方が女性の美を体現しているのと同じで、ヅカるろ男子は皆さんめちゃめちゃ男前でした。ベルばらの時以上に、やはりベースが「明治浪漫活劇」だからか…帰宅後なまるろ映画の円盤と思わず見比べちゃいましたが、映画版の男性陣の方がそこはかとなく乙女度高いような(爆)
そんな中でもヅカるろは恵さんがピカイチの再現率でしたね。男役よりも声が低くて、艶のあるどこか粋な立ち居振る舞いが「できる大人のお姉さん」と言う感じで、もっと出番があっても良かったのになぁと。

メインヒロインの薫ちゃんは、これまた単純にキーの高い可憐な女性声ではなく、どちらかと言うと素朴でおてんばな声質で、嫌味のない印象。期待を裏切らず攫われ役を全うしてくださいました。
物語は過去の幕末シーンまで上手く差し込んでくれていて、新選組時代の浅葱の羽織のはじめちゃんが拝めたり、剣心の元妻・巴さんや、頬に傷ができたエピソードまで実にコンパクトに組み込んでくれている。正味本編は1時間半の短さで、よくぞここまで纏めてくれましたよ。場面転換とか、異常にテンポが良いんだ。だから無理がない。それでいて宝塚らしい原作にはない洋館でのダンスパーティーや、遊廓の花魁シーンみたいな…華やかな見目麗しい場面も満載で。
これは本が素晴らしかった。腹筋休まる暇なし(ぇ)

そしてヅカはじめちゃんのお美しさ(そこ)

やはり特注の警官制服が目を引く。すらりとした立ち姿に痺れる憧れる。役者さんのメイクが原作にある眉間の皺を再現するためか、基本「困り眉」になっていて、細かい表情が悩ましい。恐らく一番良い人(笑)なまるろ映画のはじめちゃんもかなりの善人度でしたが、ヅカるろはじめちゃんはその上をいく「優しいお兄さん」でしたよ!
凄いナチュラルにチーム剣心に加入して、力になってあげちゃうし!!洋館シーンではお仕事で政府高官の奥様のお相手をすることになり、渋々ダンスをしたり!幕末ターンにおいても道理を通し、常に1人ぶれることがない姿勢が格好良い。ソロの「悪・即・斬」ダンスは、女性声のバックコーラスで「AKU☆SOKU☆ZAAAAAANNNN」と万華鏡のように繰り返され、夢にまで見ましたが!!(呪詛)

剣心も過去役と現在役、別の役者さんなんだ~と思っていたら、過去(青い着物)VS今(赤い着物)で戦う場面があり、これは盛り上がる!ヅカならでは!!過去の幻影とのシャドウバトルみたいな演出が、今までにないるろ剣でした。
そして剣心どころか妙さん、妙さんの両親、燕ちゃんに山形卿までまるっと阿片中毒になった時はどうしようかと(えぇ…)完全にキマッちゃってるじゃないですか!己の幻覚とバトッちゃうレベル!!す、凄い展開…ヅカ本に限界はないのか。しかもその後恵さんの解毒剤で皆あっさり元に戻ってるし。阿片ってそんなんだっけか…?(細かいことはいいんだよ!)

各キャストにそれなりの見せ場があり、蒼紫は原作よりもなま映画版に近いイメージ。1人だけ明後日の方向に向いているコミュ障イケメン。率いる御庭番衆がまさかのALLイケメン。あの軍団だけ、微妙に寝る気プランニングの匂いがしました(爆)あとは弥彦が大健闘。自然に少年らしくて、いるだけで話を回せる存在。弥彦1人で蒼紫様10人分くらいの人間力ですよ(誤爆)
まぁ何はともあれ、原作・アニメ・なま映画・ヅカ…全てにおいて観柳が全部もっていくシステムに変わりはありませんでした(結論)存在が卑怯ですよね…全力で笑いを取りに行けるし、ガトリングガトガトソングは、悪・即・斬の合間を縫って耳を襲います(う~んう~ん)

以上、ザッと自分メモ。評判もいいし、これだけチケ完売御礼でライブビューイングまであるのだから、次回公演も望める気がしますな!るろ剣で一番人気の高い京都編とか、少し時間を置いてやってくれるんじゃないかと期待しております。
繰り返し、チケ融通してくださり、公演後までお付き合いくださった同志様、ありがとうございました!!心の栄養頂きましたよ~

コメント

禁断の世界
ストップひばりくんの着せ替えだ!
貪欲に美少女ばっかりで、しかもあの時代のボクッ子ですからね…
まさに禁断を目覚めさせたヒロイン。あのオープニングも耳に残りますね(ストップひばりくん!)
着せ替えにも禁断散りばめられ放題で(嬉)うわぁ、全員かわい…。
青い髪の子ヤバイ。
でももっとヤバイのはつばめちゃんですかね~\(^o^)/
デート服もオサレ!あの時代、南ちゃんの面影は絶対かわいい証ですよね。
ひばりくん、他ヒロインの髪の毛がサラサラしてていいのも特徴☆
なんか芦田さん絡んでないはずなのに芦田イズムをひばりくんとすずめちゃんから感じる……;
あの時代のきせかえお約束の、世界観から外れ始めた服もやっぱりあり…!デザイン力が高いから驚愕するんですよね。
え?こんなに?みたいな。
嬉しいオマケです。
しかし青い髪のすずめちゃんヤバイ。ロリッ子好き属性のツボを押さえている…
ボンボンついたゴムでピョン結びだと……!かわいすぎます。

ヅカるろの感想も楽しめました!
弥彦好きなこまつはものすごいアウェーですが、久々に田仲さんのイラストも見れましたし……
薫ちゃんすごいんだよなあ。息を止められる術を自身の力で解いた!
すごい好きなヒロインです。
すごい耽美な面々のヅカるろグッズ…また田仲さんの新たな一面をみた。
映画るろ剣も嫌いじゃないですよ。
やはり渋い面々がいい。江口さんとかー!藤原さんとかー!(嬉)
主役の佐藤さんは原作を熟読して、さらに巴の存在も心に入れつつ剣心を演じていたそうで、なかなかですね。剣心には並々ならぬ想いがあるそうです。

それでは~\(^o^)/
次回も楽しみにしてますぅ~\(^o^)/
Re: こまつ様
コメありがとうございます、こまつ様。
ひばりくんの究極的な魅力と、キャラクターの完成度は
当時二十代だった江口寿史の感性の賜物ですよね。
これで連載時「ほっぽり投げ」じゃなかったらもっと
良かったのですが(笑
今にしてみれば、その作者自身の不安定さも美味しかったなと。

原作ではひばりくんとすずめちゃんが似ていて、二人の頭が
同じトーン髪だったので、アニメですずめちゃんが思いの外
濃い蒼紫ヘアーになっていたのは、ちょっと驚いたんですが。
そして個人的にはひばりくん派だったので、耕作くんがたまに
つばめさんに傾くのが気に入らなかった昔(笑

ヅカるろの努力賞は、寧ろ弥彦でしたよ。
ご一緒した方ともお話しましたが、本当に「少年」らしくて
テンポよく芝居を回すのに、非常にいい役割でした。
円盤も欲しいですね、ヅカるろ!
そして何気にえぐちさんのファンなので、それもあり
なまるろ映画好きなのです(笑)好きな斎藤一を好きなえぐちさんが
演じてくれていると言うのが…細身柳腰のスーパーモデル体型の四十路。

もしヅカるろもう一回やってくれるのなら、京都編で操ちゃんを
出してほしいですね。るろ女子では操ちゃんが一番好きなので~

管理者のみに表示

トラックバック