あじぇんだぜろのぜろ。

=Agenda0.の電脳ホーム=

愛の戦士ヘッドロココ≫コミックス&CD

2016.03.02 (Wed)
今ドラの日本誕生公開が迫り、現在明かされている情報だけとっても息を引き取りそうな田仲さんです(安定の過激派Fメイト)
…始まるぞ懲りずに今ドラりょ○じ○くが(ガクブル)とりあえず毎回思うのは、ゲストキャラが少年だった場合、毎回妙に小奇麗な美少年キャラデザにされるのが興ざめなんですよね…。今回もククルがやけにキラキラした美少年面で、もうあかんと。げ、原始人なんだからもっと素朴な顔でいいのに何故…!そしてククル以上にペット幻獣トリオの顏が…顔が…!!(泣きたい!)見ないで文句を言うのはポリシーに反するので、的確な批評をするためにもHARU後にFメイト同志様らと鑑賞してこようと思っております。ひ、ひょっとしたら万が一にもめっちゃ本が良いかもしれないし?!日本誕生が日本爆死になっていないことを祈って!

≪愛の戦士ヘッドロココ・コミックス&イメージCD≫
P1020391.jpg
ほんなんで今日はちょっと毛色を変えまして。
一度ちゃんと紹介したかった…
伝説の少女向けラブロマンス・ビックリマン漫画!
『愛の戦士ヘッドロココ』(著:藤井みどり)ですよ!!


P1020392.jpg
裏表紙↑
今までぴょんぴょん紹介の時に、必ずピックアップしてきた愛の戦士。
ローティーン向けの、てんこみ系らしいビックリマンを題材にした
何本もあるコミカライズ作品の一つ。
しかし決してその枠に収まらないどころか、群を抜いて異彩を放った
ほぼオリジナルのビックリマン漫画でございます。


作者の藤井みどり女史は、元々イラストレーターさんだったんですかね?
それが突然ぴょんぴょんで「ビックリマン漫画描いてくんない?」みたいな
ことになって、まさかのこれが漫画家デビュー作品と言う…
P1020396.jpg
「とつぜんまんがをかくことになりましたら
ビックリマンでした」

…そら実際ビックリマンですよ(爆

で、こちらの愛の戦士。ビックリマンのキャラクターを使った
少女漫画にして、一縷の隙のないラブコメディ。
イケメン天使のロココ様と、元祖ツンデレ美少女マリアとの
「愛は種族と確執を超えられるか」的な、王道物語です。

P1020405.jpg
最初の方こそ元のビックリマンを意識して描かれておりましたが…

P1020406.jpg

P1020407.jpg
話が進むにつれ、完全に藤井女史の絵柄に。
美麗且つ繊細。アクションもロマンスも美味いし、
コマの割り方、画面構成もこれが漫画としてのデビュー作
とは思えないクオリティの高さなんですよね。

P1020408.jpg
いや、正直当時も今もここまで完成された
アクションラブファンタジーを描ける少女漫画家さんって
少ないと思うんですよ。

書き込みもしっかりしているし、あの作者とかこの作者とかに
ありがちなバストショットの多様もない。
基本の画力がめちゃめちゃ高い方なんですよ…

今見ても、女児向けの月刊誌だけに閉じ込めておくには
勿体なさ過ぎた良作でございました。だからこそその年頃で
ぴょんぴょん組だった女児は、ある種のエリートが多いのかと。
P1020395.jpg
オリジナルキャラはちょいちょいますが、一番特徴的なのは
ラブロマンスらしく、ロコマリの仲を脅かす恋敵キャラの存在ですな。
↑カイザー様!!オレ様なイケメンだけど、ちょっと三枚目なところが憎めない。
スイーツ大好き、好物はチョコレートパフェ。声は神谷明!!!


P1020399.jpg
そしててんこみとか、昔の児童向けコミックスのカバーには、
ちょいちょいムチャなオマケが付いてたんですよね↑
折り返しの部分「切り取ってしおりとしても使えます」って、
切り取れるか!!
…と、考えるのはオトナになった証拠です(爆

P1020400.jpg
切り取っちゃうんだよなぁ子供は迷いなく…!
切り取ったさ!ああ、切り取ったともさ!!(涙

お次はイメージアルバム。
P1020545.jpg
コアなてんこみ系ローティーン向け女児誌連載でさえ、
このようなものが作ってもらえるほどのタイトルだったのだと!

P1020546.jpg
「藤井みどり先生がヴォーカル・作詞で参加!」
80~90年代半ばくらいの漫画業界はやたらと
作者自身にグラビア(水着やバカンス等のガチな)撮影したり
こうして歌手手ビューさせたりしてましたよね…少年誌も少女誌も。


P1020547.jpg
ウルトラスーパーピクチャーとな…
ハイパーメディアクリエイターなぞ目じゃありませんよ。

P1020548.jpg
盤面も書下ろし。
ちょっと等身低めが可愛い。

P1020550.jpg
歌詞カード。

P1020552.jpg
こんな「お嬢様漫画家」風の写真まで…
ファッションやコンセプトにジェネレーションを感じますな!


P1020557.jpg
ナチュラルに豪華ですよねぇキャスト。

P1020551.jpg
イラストレーターさんだけあって、一枚絵がどれも美しい。

P1020558.jpg
この手の繋方、いいですよね~

P1020559.jpg
まんざらでもないじゃないですか先生…!

美しい少女漫画は素敵なお嬢さんが描いている、みたいな幻想がまだまだまかり通っていた時代ですから。これが藤井女史にとって、黒歴史になっていないといいのですが(爆)逆に2000年代に入った以降は、こうした漫画家自身が祭り上げられるって少なくなったような。ネットで顔バレが容易くなったけれど、だからこそですかね?80年代くらいの少年誌は、結構漫画家さんの写真を使った表紙や、巻頭グラビアがあったもんですが。留美子嬢なんて、当時の隠れ豊乳枠ですからなぁ…!

コメント

やりすぎ感
藤井みどり先生の写真すごいなあ。
ドヤァッ!です。
恐ろしいレベル(汗)かんに障るというかこれは黒歴史でしょうな。
ロココと関係なさすぎ。
写真集じゃないからなあ(汗)

漫画の内容というか、絵自体は綺麗ですね!切り取られたしおり!(笑)
本当に今は俯瞰も誤魔化してうまく見せる時代。この時代は上から見ても身体が物理的にどうなってるのか、きちんと考えて描いているんだな、とわかるので、見ごたえが格段に違います!
エロさもレベルが高く。
愛の表現もより深くなりますよね。
指をああやるだけですごいエロさ。
レベル高いなあ;
今もうないもんなあ、こういう漫画
。靡く髪の毛が多くて艶めいてて。
ヒロインのピンク髪の意味合いが今より崇高といいますか……
いい絵柄ですよね。集めて嬉しい、揃えるともっと嬉しいやつですな。(このジャンルならではの悦び)


それでは~\(^o^)/
次回も楽しみにしております\(^o^)/

Re: こまつ様
コメありがとうございます、こまつ様。
愛の戦士~は本当にお勧めしたい作品です。
画力もさることながら、キャラクターのベースがビックリマンを
使っているだけで、物語も全てオリジナルですから。
これぞラブコメ、ラブロマンス!と言う感じでテンポも良いし、
みどり先生(笑)は、素晴らしい「漫画家」さんです。
これ以外の作品がなかったようなので、それは残念なのですが…

90年代初頭くらいまでは、結構漫画家さん、特に女性漫画家さんは
CDデビューさせられたりしましたからね。楠桂とか。
最近は歌う漫画家は許斐武くらいですが(爆

管理者のみに表示

トラックバック