あじぇんだぜろのぜろ。

=Agenda0.の電脳ホーム=

ぴょんぴょん92年2月号②

2015.02.10 (Tue)
明日もドラ!明後日もドラ!!…そんなんで絶賛祭り中な田仲さんです(シアター常駐)
でもそれも今週まで。田仲他Fメイツ様らの目当ては、基本「雲の王国」までなので。これが終わってしまったら、次あるとして5年後の40周年かと思うと…田仲の年齢的にもかなりヤバいことになってますね2020年!!(爆)

≪ぴょんぴょん92年2月号②≫
P1010790.jpg
ほんなんで92年の2月号ぴょんぴょん紹介その②は、
リアルタイム満喫な、広告や巻頭カラーのプレゼントコーナー
なんかを中心にしていきたいと思います。

P1010791.jpg
裏表紙。

P1010792.jpg
出た。モコリンペン。
これがまた思いの外モコリンしないんだ…

P1010793.jpg
これも欲しかったバルーンラッピングメーカー。
ただこいつは単価高い上に、心っっっ底!使い勝手が
ないもんだから!!
モコリンペンまでは買ってもらえても、
こいつのような大物はねだるにもねだり難い…

P1010817.jpg
初代エンジェルポケットに~

P1010820.jpg
同じくシルバニア。
エイティーズ生まれ世代は、これらロングセラー玩具が初代モデルですからね。
ここから歴史が始まったんだ…誇りに思っていいですよ(笑


P1010794.jpg
そして92年流行先取りプレゼント!!

P1010795.jpg
スーファミ、ゲームボーイ…PCエンジン・コアグラフィックスⅡ!!!
ソフトはゼルダですよ!!
ぴょんぴょんは女児雑誌だけれど、この辺りてんコミ系と言うか。
あとターゲットが低・中学年と言うこともあり、つまりそこまで男女の遊びや
興味の矛先が分離しきっていない年齢層の読者も多いため、
そう言う部分を加味して「ゲーム」「ゲーム機」がトップにきているのではと。

P1010796.jpg
バルセロナだがなにか?(真顔

そして田仲も当時必ず投函していた全プレ。
90年代初頭はこれをプレゼントの目玉にするのが多かった、描き下ろしテレカ。
P1010800.jpg
なのですが~…

P1010802.jpg

P1010801.jpg

P1010803.jpg
分かった…もう分かったから…!

これでもかと来月号も買うように勧めてくるぴょんぴょん!!来月号を買うまでお年玉もとっておけよと、執拗に念を押すぴょんぴょん!「応募の時にテレホンカードの代金と手数料を切手で送ってもらう予定なので、よろしくネ」て!!勝手に予定を決められても困りますよ!よろしくネ!!!(悶絶)
あ~、でもこれは単純にそう言う間違えが他の少女誌より多いからってことでしょうな。繰り返し、読者層が他誌より幼いから。まぁな、決めてもらっても構いませんけどね予定!実際92年の田仲さんは2号分の応募券であさりちゃん&どろろんぱテレカを貰ったのだから!!(ぴょんぴょんエリート)…次回記事で92年2月号紹介は最後になりますが、この号ならではのバレンタイン特集編をUPしたいと思います。

コメント

田仲さん、こんばんは。
あまりの広告の懐かしさにいてもたってもいられなくなりました(笑)
私がこういう幼年向け少女漫画雑誌を買いだしたのが92年9月号の
りぼんからなので、ぴょんぴょんは知りませんでしたが、とにかく
今でも根強いファンのいる雑誌という認識です。
小学○年生は購読してたので、うえだ未知先生とか富所和子先生が
懐かしいです(チョコっとちょこちゃんにないしょのココナッツ…)。
ねんどでアクセサリーにモコリンペン、どっちもなんかうまくいかなかった
思い出が蘇ります…。シルバニアもこの頃の素朴さとか良いですよね。
緑色の家具が、最近ではやたらカラフルになってて時代を感じましたねぇ。
なんだか無性に、この頃に帰ってみたくなってしまいました。
こんにちは!応募者全員テレカですかあ。あのなかだと今だとひかりのパンジーが欲しい!パンジーの連載も豪華ですよね。かわいい…。モコリンペンも買ってもらった記憶あります。しかし今思うともっとこう、キラキラしたの選ぶ感性のない子供だったなー、と思います。頼むことを諦めていたのか……。魔法少女でかってもらった最高値のグッズはマミのメモ帳でしたしね。
Re: 向日葵様
こんにちはー、向日葵様。コメありがとうございます!
ぴょんぴょんは小○館ですから、所謂学年誌の女児向け作家さんが
そのまま流れてきているパターンが多いんですよね。
ココナッツは田仲も好きな作品です。てんコミらしさが全開で(笑
男子にはゲーム機からのデジタルブームで、女子は寧ろ
だからこその手造りブームが来ていた頃かと90年代初頭は。

モコリンペンで自作Tシャツまで作ってしまった、当時の我の
分りやすい踊らされっぷりが懐かしいです…あれ、絶対CMや広告より
膨らみませんよねぇ…?(爆
シルバニアは田仲母も唯一積極的に購入したがった玩具だったので、
家はマンション(バルコニー付)で、トイレは陶器製でしたよ!
あまりカラフルだと、返ってプラスチック感が強く、チープに見えて
しまいますからね~
Re: コマツ☆ミ様
こんにちは、コマツ☆ミ様。コメありがとうございます~
パンジーはぴょんぴょんの中では、ちょっと変り種だったんですけどね。
70年代大河系少女漫画のテイストを色濃く残した作品でしたし、
当時よりも大人になった今の方が、楽しんで読めそうな気がします。

あの頃はプリントごっこで作った年賀状に、モコリンペンでデコレーションする…
みたいなジェネレーションの合わせ技をしていました(笑
あと無駄にラメの入った液体ノリとか。
モコリンペンは玩具と文具の間的商品だったため、比較的おねだりしやすかったのかと。

管理者のみに表示

トラックバック