あじぇんだぜろのぜろ。

=Agenda0.の電脳ホーム=

ぴょんぴょん92年2月号①

2015.02.07 (Sat)
絶賛ドラ映画祭り中と言うことで、平日お仕事帰りもシアターにしっぽりしている田仲さんです(至福)
そんなんでこちらの更新が、若干疎かになっているわけですが。ドラ映画に欠かせない三ツ矢神の人外ボイスが堪らん…やっぱバギーちゃんだよなぁ!「ボク、しずかさんノタメナラ壊レテモイインデス」って、「泣イテルノ、しずかサン…」「コイツダネ、しずかさんヲ泣カセタノハ」…ぐおおおおお…男!男車バギーちゃん!!来週まで同志様らとチケ確保しているので、ドラ腑抜けになってると思います田仲……

≪ぴょんぴょん92年2月号①≫
P1010790.jpg
ほんなんでチョコ月が騒がしい季節柄、そんな特集が満載な
ぴょんぴょん92年の2月号をば、何回かに分けてご紹介。
今までご当時雑誌はサンデーしかUPしていなかったのですが、
伝説のてんコミ系女児雑誌・ぴょんぴょんを、
満を持してご紹介!


ぴょんぴょんは「なかよし」「りぼん」他少女誌より、更に低学年向けの
ティーンズにステップアップする目前女児をターゲットにした、他には
ない女の子向け雑誌でした。なので登場する漫画のヒロインは8割方JS。
初めて触れる女の子誌が、りぼんでもなかよしでもなく、ぴょんぴょんスタート
だった者は、後の創作系orオタク道に走る率が高いと言う…ある種のエリート誌(爆

田仲の同世代周囲を聞いてみても、ぴょんぴょんデビューの友人が多いんですよ…
かく言う我もそうなんですが。ちなみになかよしは単行本ばかりで、雑誌を買ったことはない。
るんるんはあるけど(この頃からことごとく逸れ気味な子供(爆

残念ながらこの年、92年には「ちゃお」に吸収合併されてしまったのですが、
その雑誌の方向性や何かは、以降の少女誌への影響もあったと思われ。

田仲さんは「ちゃお」に吸収されて以後、暫くは仕方なく「ちゃお」を買っていた
ものの、ぴょんぴょん連載作品はガンガン終わってしまったので(涙)
それからはりぼんを買うようになりました…

P1010825.jpg
そんな92年2月のぴょんぴょんはこんなラインナップ。

P1010806.jpg
まずは表紙も飾った「ゆう&YOU」、次号最終回。
ぴょんぴょん内では数少ないJCヒロインの、恋愛メイン作品。
って言うか、これだけだったんじゃなかったかしら制服年齢は?
異世界ファンタジーで、等身の高いキャラの作品はあったけど
…この作者さんの次作は、雑誌色に合わせ主人公JSになったし。

P1010807.jpg
おしゃまな漫画家、と言うジャンルに区分けされた日には
もうコンビニでうまい棒も茎ワカメも買えない…

おしゃまな漫画家は、茎ワカメが歯に挟まったりしないだろうから…

P1010808.jpg
赤面せざるおえない。
ボーイフレンドの髪型が如何にもなジェネレーション感!!

P1010810.jpg
そしてぴょんぴょんではあさりちゃん(当時~37巻!)と、

P1010818.jpg
どろろんぱの2本、室山姉妹作品が掲載。
どろろんぱ復刊、勿論予約してますよ!
あとは「すうぱあかぐや姫」を復刊するのみだな!!
ぴょんぴょんの懸賞で、どろろんぱ非売品Tシャツが当たったのが
田仲さんの初めて、この手のもので引き当てた「当たり」でしたよ…


P1010812.jpg
今や長寿作品となったみい子も、ぴょんぴょん連載作品だった。
あの頃はそこまで息の長い漫画になるとは思ってもみんかったが、
ちゃお吸収後、他ぴょんぴょん作品がバタバタ終わらされていく中、
まさかのみい子だけは生き残ったんですよね結果的に。


P1010811.jpg
ママ4のコミカライズは他でもやってたけど、ぴょんぴょんのが
一番クオリティ高かった気がします。

P1010819.jpg
そして当時小学生の間で流行っていたドッジボールを題材にした
「はずんでキャッチ」!!コロコロ連載のドッジ弾平の女児版ってわけでは
ないけれど、スーパードッジ連盟公認作!…あったのかそんな連盟。
男子ドッジボール部に入部したJSヒロインが、強豪女子ドッジボール部と
戦い、恋にドッジに大忙しよ!!
みたいな…まぁそう言う漫画ですよ!

P1010813.jpg
そしてコレ、コレが一番の目当てだった…ぴょんぴょんの
看板作品の一つ「愛の戦士ヘッドロココ」!!!!
てんコミ系らしいビックリマンの派生女児向けコミカライズ
なのですが…ビックリマンを物凄いクオリティの高い「少女漫画」へと
昇華させている、知る人ぞ知る秀作でございます。

ぶっちゃけ、ああ、これは…後にオタクになる道ならしをされるわ…
と言う要素がふんだんに含まれた作品(笑

美しいハイティーンの美少年に描かれたロココ様と、
今で言うツンデレの最高の形を描いた、ヒロイン・マリア。

本当に魅力的なんだ今読んでもマリアちゃんが…
物語はほぼオリジナルで、オリキャラもいっぱい。
P1010844.jpg
単行本は全7巻。しかも人気の高さを象徴するように、本家ビックリマンとは
全く別物のイメージアルバムCDまで発売されました。

しかもキャストがまた豪華で豪華であなた…マリアちゃんなんて須美さんですよ?
オリキャラのカイザーは神谷明氏だし、かぐやはよこざわけい子さんだし。


P1010815.jpg
そして2月号にはバレンタイン読み切りも。
作中にレシピが組み込まれており~

P1010816.jpg
まぁ作れなかったがな!!(経験者談
この頃から既に女子力が足りなかったのか…

P1010814.jpg
当時聖闘士星矢他、いたるところで蔓延していたのりP語。
まさか17年後、のりPがあんなことになるとは…


P1010821.jpg
ネットなぞなかった時代、どうしても欲しい漫画がある
小学生児童たちは、少ないお小遣いでどうしたか…
そう、書店での注文です(一択)注文の仕方が分からない
ちみっこのために、ぴょんぴょんにはこんな専用注文書&
指南ページまでありました。

P1010823.jpg
3~4週間後(ほぼ1ヵ月)

そのくらい待てよと!早すぎるんだよ密林もアスクルもヤマダデンキも!もっと余裕を持って、のんびり生きればいいんじゃないんですか2000年代のキッズも!!半月以上、一冊の漫画が来るのを心待ちにすればいいじゃない!何かにつけて「待つ楽しみ」がなくなってきたと感じる、昭和生まれ人の今日この頃ですよ。
ではでは、次回は92年2月号のぴょんぴょんを彩るご当時広告を中心にUPしたいと思います。のぶ代ドラにぴょんぴょんにと、相変わらず積極的に後ろ向きなりよキテレツ(誇らしげに)

コメント

こんにちは!イメージアルバムでのオリキャラですかあ…ワタルもそういうのありましたねぇ、なにをどうしたらよいのかオリキャラの存在。おもしろいですねオリキャラ。本編よりもなんかこだわりを感じたりするんですよ。「だからなんなのだ!?笑」という……でも本編キャラとの絡みが少し濃密な気がしたり。(気のせい)オリキャラ無駄に楽しい!ぴょんぴょんはなんかコマツ☆ミのなかでどこか新時代でギャグっていうのか、とにかくどろろんぱ!の輝きが半端なく。でも紹介をみているとオーソドックスさもあったり、いろいろな漫画あったんですね。さわらないでバカ!☆ミかあ。コマツ☆ミはりぼんでした。購入し続けるただそれだけの為に親にあの手この手を使いましたが…破れましたねぇ。あの付録欲しかったなあっていう心残りありますね。そのせいかグランだけは見せてくれた親には今も感謝が…youtubeでグランみると出てきます。(条件反射)
ママ4の連載されていた、某だらけでは異様にお値段の高いぴょんぴょんではないですか!!
ママ4の表紙、ごちそうさまです!!
一番好きな女児向けアニメがママ4なので、
ちょっと具合の悪いここ数週間ですが、個人的に「キター!」ですよ。
どのぐらい嬉しいかというと、「まんもすうれぴー」ぐらい嬉しいです。
須藤真澄先生という漫画家さんが好きなのですが、
ぴょんぴょんでたまーに載せていたとのことで、
私的には何かとおいしい雑誌、ぴょんぴょんなのです。
やはり、80年代後半~90年代前半は何かと神がかりだった気がします。
Re: コマツ☆ミ様
こんばんは、コメありがとうございます。
りぼん、なかよしは基本制服学年(JC以降)ヒロインなのに対し、
ぴょんぴょんは学年誌の女児only版と言った雰囲気の雑誌でした。
主人公がJSメインなので、ラブストーリーと言っても「初恋」や
「お付き合いごっこ」、恋に恋する階段一段目のお話が多いのです。
キャラの等身も必然的に低くなるため、それに応じコメディ色も強くなる、と。

『愛の戦士ヘッドロココ』は、かなりハイレベルな作品です。
一巻冒頭こそ元のビックリマンを意識した絵柄&物語ですが
路線変更してからのラブコメ完成度たるや…お勧めです!
Re: ふぇるむ様
こんばんは、コメありがとうございます。
ぴょんぴょんはマニア店でも滅多に入荷しないし、
されたらされたでワンランクお値段高価いんですよね(汗
刊行期間が身近ったことと、より低学年層が購買者だった雑誌ゆえ
保存状態良く、2000年代まで残るのは中々なかったのかなと。

ママ4漫画は、ぴょんぴょん版が一番アニメに近いテイスト
だった気がします。他にも学年誌でコミカライズされてたと思いますが。

須藤真澄さん、田仲も大好きだったんですよ!
そうです!ぴょんぴょんでちょいちょい読み切りを載せてらっしゃって、
一線を画した作風と絵柄に、当時真似して絵を描いてました…
実は今回紹介した次の号に、須藤さんの読み切りが掲載されていたりします。
ただ残念ながら、その号のぴょんぴょんは田仲、所持していませんで(涙
須藤真澄先生ご存知でしたか!
萌葱に「早苗と青い子供」ぴょんぴょん1988年1月
梅鼠に「ゆきあかりのよる」ぴょんんぴょん1991年1月
の作品が入ってますー。
一応、お伝えしておきますですね。
Re: ふぇるむ様
こんにちは、ふぇるむ様。
あれから密林さんで検索してみたら、単行本になってるんですね!
過去の作品も!!知らなかった…
速攻でポチしてしまいました(笑)こう言うことが今ならできますよ!
何せ大人ですから!かなりの!!(爆
情報ありがとうございました~

管理者のみに表示

トラックバック