あじぇんだぜろのぜろ。

=Agenda0.の電脳ホーム=

若草物語≫テレビ絵本

2014.12.06 (Sat)
コミケカタログも発売して、これは一気に年末ムード加速してきた風邪なんて引いてる場合じゃないやべぇ…と思った田仲さんです(引きました(爆))
秋以降、二度目の発熱を伴う風邪っぴきですよ。一冬いっぺん引くくらいだったのになぁ今までは…年々この身衰え、おじいちゃん大丈夫?ってな感じですが。でもこれは原因に思い当たる節がある。先週雨の中、レンタル農園の大根をストイックに掘り続けたせいだ(それだ)午後には雨止んだのに、原稿もあるから朝一で畑行っちゃったんですよね…うう、自給自足……

≪若草物語・テレビ絵本≫
P1010430.jpg
そんなんで鼻ズルズルしつつ、本日は名作劇場系。
田仲的名作劇場三巨頭は、繰り返し「あしなが」「若草」「トラップ」…
なわけですが(女子主人公)若草絵本はUP初めてですね。

P1010431.jpg
裏表紙。
原作ではジョオが主人公だけど、名作劇場版は視聴者の
年齢層を考えエイミーの視点を大きくとってありましたよね。

なので女児向けなこの絵本も、エイミー主体の内容になってます。

P1010432.jpg
お父様が南北戦争の兵役から一時帰宅する報せを受け、
喜ぶ四姉妹。

P1010433.jpg
「おとこのこのように へいを ひょいと とびこえました」
だけでジョオのキャラを紹介。

ジョオは所謂「男勝りで勝気な女の子」だけど、
時代背景的にロングスカートのワンピースで
塀を飛び越えたりするって動きが、倍率ドンで良いと思う。

P1010434.jpg
お父様はお怪我をされていたけれど、ご無事の帰宅。

パパ上の留守時にそれぞれ何をしていたかをお話しする姉妹。
P1010435.jpg
社交界デビューを控え、新しいドレスに胸を躍らせる長女メグ。
オテンバだけれど文字を綴ることが好きで、小説家になりたいジョオ。

P1010437.jpg
おませで女子意識が高い末っ子エイミーは、お姉ちゃんのメグのドレスを
羨ましがり「私も私も」と、帰ってきたばかりのパパにおねだりするのですが…


P1010438.jpg
ちょろい。
末の娘に甘すぎですよお父様!!
それが奴ら(妹属性)の手ですよって…分かっていて
買ってあげたいのもまたパパ心だもんなぁ。
この辺の時期の父と娘における『両想い』は、蜜月の甘さがある。

P1010439.jpg
大人しく控え目な三女べスのお願いは
「家族でピクニックがしたい」と言う、ささやかさだからもう…
自重しろエイミー!!

P1010440.jpg
その楽しいピクニックの最中、湖の畔に敵兵の姿を見つけ騒然。

P1010441.jpg
歴史的背景の注釈付。

P1010443.jpg
そんなんでお父様はお家に長居はできず、
戦地へとんぼ返りしてしまいました。

P1010444.jpg
完全にエイミー主人公なんだよなぁ絵本は。

この、典型的な佐久間レイ嬢ボイス妹がな!!この手のタイプの女子は、物凄く可愛いと思う人と、完全にアウトな人と二分されるとこですが…ちみっこの時期はいいんですよ!エイミーくらいの時は、このくらいでも!田仲さんも多分こう言う種類の「妹」で、オトンに色々おねだりしていた幼少期だったので…実際ちょろかったですよ今思うと!!(爆)
名作劇場アニメから入って原作を読んだ人、当時は多かったんですが、名作劇場は結構変更点が多いですからね。原作で将来的にローリーは、エイミーとデキてしまうと知った時の衝撃と言ったら……「これだから末っ子妹属性のまま大人になった女子は!!」みたいな(誤爆)

コメント

門限、お小遣い、流行のものを買うか買わないか・・・。
それらを「上の子」がすったもんだの末、クリアーしたうえで、
末っ子は安定した「おねだり」ができるのですよ!
私はへたくそでだまりこんで「・・・いらない。そんなのほしくない」と言ってました。
「そう、なら買わないよ」と親も親で・・・。
私情を書いてしまいもうしわけないです。
でも田仲さんはそういう上の子の苦労も分かって下さってる「下の子」みたいで、
そういう人は「上の子」からすれば是非とも仲良くなりたいですね。
「やってもらって当たり前」な下の子はノーサンキュー。敵です。

いつかコミケに行って田仲さんの本買ってみたいです。
コミケに向けて、風邪治してくださいね。
みかんとりんご、アイスクリームとプリン、
それから大根も風邪に良いですよ。

ガシャポンが「大きなおお友達向け」になって、
こっちは雪に加えて財布が寒いです。
アッコちゃん、らんま、ラムちゃん、
これからきんぎょ注意報!までもが。
アッコちゃんコンパクト、3期のが3連で出てきました・・・。
あのコンパクトたちは、もっとメーカーさん側が、
「できること」があった気がしてなりません。
Re: ふぇるむ様~
こんばんは、ふぇるむ様☆
なかよしもアニバーサリー系が細々商品化しているので
地味にお財布薄くなってますね(笑)嬉しんですけど!
田仲家は上が歳のそこそこ離れた「兄」だと言うことも
起因していると思われますが…異性兄弟と同性兄弟はまた
関係性が変わってきますからね。

「ちびまる子ちゃん」が実は、物凄く「妹」主人公と言うものを
描き切った作品であるように、「お姉ちゃん」視点からすればとんと厄介ですよ(苦笑)
上が「お兄ちゃん」なら、どうにかすればシスタープリンセスになる可能性も
なくはなかろうが…いえ、我が家はなりませんでしたけども(爆

お気遣い痛み入ります!
強い寒気が覆う日本列島、お財布は寒くても
ボディ&ハートは温めていきたいものですね…
コメありがとうございました~

管理者のみに表示

トラックバック