あじぇんだぜろのぜろ。

=Agenda0.の電脳ホーム=

ドラえもん≫鉄人兵団パンフ

2014.06.23 (Mon)
土日はあいぼうコンサートと楽しみにしていたドラマの最終回で、終始ふわっふわしていた田仲さんです(素晴らしかった双方とも!!)
あいぼうコンサート、すげえ痺れましたよ!生オーケストラは圧巻だし、特別編集された映像はどれもこれも、全部分かるのが嬉しい!田仲さんの一番好きな曲がアンコールのトリになっていたのにも、泣きそうになりました…。あと初目撃の生かわはらさん&生おのさん!!ありきたりの語彙ですが、格好良くて可愛くて面白いオッサンたちでした(笑)席も1階席半ば前よりセンターで、ちょうど映像も舞台上も見えやすい、我ながらイイ席とれたなぁと!これで後は25日以降発表の、サンフェス先行チケが確保できていれば…今月はとりあえず「良し!!」なのですが~…

≪ドラえもん・鉄人兵団パンフ≫
P1000735.jpg
ほんなんで今日は久々にドラちゅわんパンフなぞ。
ボクが最も愛する、ドラ映画の中でも傑作と名高い
『鉄人兵団』のパンフですよ!!


P1000736.jpg
確か鉄人からボクら世代に最も馴染み深い絵柄になり、
映画導入部分、のび太の「ドラえも~~ん」呼び声が
定番になったんですよね。所謂ドラ黄金期から円熟期への流れですよ。

P1000753.jpg
裏表紙。同時上映はオバQと猿でした。

P1000737.jpg
この頃のドラ映画を支えていたプロデューサー、
べっしさんのお言葉なんですが…

P1000738.jpg
この言葉を永久に信じていたかった。

P1000742.jpg
鉄人兵団はドラ映画の中でも、取り分け悲壮感が漂う
「侵略」と「戦争」を基盤にしている作品であり、あの物語を
ドラ映画の尺で完璧に纏めてみせたことだけでも、凄いと
思うんですよ。
公開された当時、ドラ映画は常に満員、
立ち見も常識で…ボクはオトンに抱っこされて観てたんじゃ
なかったかな?

P1000743.jpg
この画面から漂う雰囲気がもう、他作品と一線を画してた。

P1000744.jpg
「ちきゅうをまもるため いけ、ドラえもん!」
ですからね!!アレですよこれは!
「正義の怒りをぶつけろガンダム」のラインですよ!!

P1000746.jpg
そして何と言っても、ゲストヒロインのリルル。
リルルは美しく哀しく、全てのドラFANの心に焼付いた
ヒロインでした…


P1000745.jpg
こう言ったリルルの裸体表現や、首絞め何かが
リメイク版では完全になくなってしまったんだよなぁ。
まぁなくなると思ってたけど。でもアレらは全て物語として
必要であるべきものだったのに…何でもかんでも規制すりゃ
いいってものじゃないですよねぇ。

P1000747.jpg
そして「新」の方では、余計な鳥キャラを増やしたために
肝心のしずかちゃんとリルルとの友情要素が俄然薄まって
しまったのもなぁ……ボカァね!!ちゃんと評価するために
観に行きましたからね「新」も!文句言うなら観て言いますよ!!(爆


P1000739.jpg
そしてパンフにはストーリー紹介だけでなく、色々小ネタもあるわけで。
昭和生まれにとっての3Dはコレだろ?(真顔)

P1000749.jpg
この程度の娯楽でも楽しめたんだ…!

P1000752.jpg
そう、高価かったんですよねビデオって!!

VHS or ベータ!!ビデオは高価だったんですよ!DVDの方が余程安いんです!だからこそ余程好きじゃなけりゃ、レンタルだったし…アニメ以外のジャンルにしても、基本ビデオは1本9,800~10,000くらいしたもんなんです。少なくとも90年代中期くらいまでは。アニメのOVAなら時間が短くて5,000~6,000円ってところ。つまり学生のお財布では、かなりきつい買い物だったってことで。
アナログレンジャーなボクも、磁気テープからディスクになってくれたことだけは…保存的にも価格的にも新世紀で良かったことですよ。今の若い子は真の意味で「巻き戻し」を理解していないからな!!(爆)

コメント

最近になって藤子作品が気になりだした、そんなお年頃です。
私は円熟期でしたね。ねじまきシティ冒険記とかその頃。
その前にドラミちゃん好きってことでドラミちゃんは借りて、
本当はやっちゃいけないですがベータに親がダビングしてました。
しかもほかのアニメも入ってるビデオを使ったものだから、
同時に入ってたチンプイが途中で切れているという悲しさ。

今の若い子1995年以降生まれはカセットテープもイマイチ分かってないみたいです。
従妹見てるとそんな感じですね。
あの鉛筆のお尻を使って微調整とか喋った時、
「え?なんで?」と言われました。
そうそう、80年代に大人の財力でオタクしてた叔父のおこぼれをもらったのですが、
ラムちゃんやカリオストロのカセット用の台紙があったりして、
「いいなぁ」と思いました。
ドライブの時に聞くアニソンって、ヘタすりゃパチソンだったりした、
安いカセットテープでしたよね。
贅沢なのはコロちゃんパック。
1年に一度買ってもらえればラッキー。
それも親戚の法事などで遠出する時の、子供ぐずり対策として。
コロちゃんパックがCD化した時に友人と、
「時代の進化怖い」と話してましたもの。
ドラえもんの映画の規制(しずかちゃんの裸シーンなどが厳しく規制されたと聞きました)
もそうですが、
進化し続ければいいというものではない。
歴史を振り返って、温故知新していなければならない。
私はそう思います。
特に玩具!何でもたまごっちのように液晶化しないでほしいと思います。

長くなってすみません。
ちょっと人間の進化が急ぎすぎな気がしてまして。
Re: ふぇるむ様☆
こんばんは、ふぇるむ様☆
F系女子はどの娘も魅力的ですよ!
男子ものに出てくるヒロインも、媚びた感じがなく健康的な愛らしさ…

アナログはノイズも魅力の内だったと思うんですよ。
レコードにしても「針を落とす」ことから魅力だったわけで。
磁気テープの経年劣化は、それはそれで「同じ音が永遠ではない」愛おしさがあった。
何もかもクリアであることと、それが最高であるかとは別問題ですからね。
半永久保存はオタクの願望ではあるけれど…この辺の矛盾は人情と言うことで(笑
回顧主義で何が悪いと、胸を張りますよ!

リメイク作品の規制による変化は、本当に寂しいです…
下手をすれば作品の根っこの部分が変えられてしまうから。
子供は大人が思うより馬鹿ではないし、ちゃんとものを見る目だってある。
そもそもちゃんと見れて、判断できるように教育するのが親の役目であり、
発信する側から表現自体をなくしてしまうってのは、どうなのかなぁと。
まぁその辺も限度問題っちゃあ限度問題なんですが。
改編前の作品を見て育ったボクらの人格が、ことごとく破綻していると言う
わけではないですからねぇ(笑

こちらこそ長々失礼しました(汗
コメありがとうございます!

管理者のみに表示

トラックバック