あじぇんだぜろのぜろ。

=Agenda0.の電脳ホーム=

トルーパー≫ぬりえ

2014.01.18 (Sat)
昨夜お仕事帰りに『TRICK』ラストステージを観てまいりまして、まさかTRICKでボロ泣きさせられるとは思わなかった田仲さんです(止まらん、クレジット中ずっと止まらん…!)
いや、だからあのタイミングで『月光』をかけるのは反則だろう!あああああもう…ッッ涙で滲んでキミが見えない!!つかコレは聞き及んでいた通り「ネタバレしちゃまずい」系でしたね。ボクも我慢して事前に感想見ずに行ってよかった。ここでも詳細には触れないので、これから見ようと思っている方は、是非余計な情報は得ずに映画館へ行った方がいいですよ!そして上田教授の深い愛を体感するのだ!!!(ばんなそかなぁ!!)

≪トルーパー・ぬりえ≫
P1000314.jpg
そんなんで今日は土曜出勤なのですが(死
腫れた目頭を擦りつつ、サムライトルーパーの
ぬりえなぞをご紹介。トルーパーは前にかるたを
紹介した以来ですかね【参照⇒2011年8月18日記事

P1000315.jpg
裏表紙↑

P1000316.jpg
おはなしつき、と言うことで…早速そのお話とやらをば。

P1000317.jpg
「躍動感」なんてもの、この世になかったんだ!

P1000318.jpg
「うわーっ」「どうだ!」ときたもんだ…

P1000319.jpg
は や い
3P目でアラゴ様登場!!

P1000320.jpg
難易度高っ
こんなん開いた途端に心折れるわ…
まぁトルーパーは「子供向け」アニメじゃなかったしなぁ(爆


P1000321.jpg
期待を裏切らずマッハで倒されるアラゴ様。

P1000322.jpg
たたかいはおわったわけではない!が、おわる!!

P1000324.jpg
そして影の薄いヒロイン・ナスティと、

P1000325.jpg
たいして謎の人物ではなかったカオス。

P1000326.jpg
またあおう!

特撮系もそうだけど、男子主人公作品の紙モノ(児童向け商品)ってどこに向けての商品なのか、売り手も迷走気味なのが多いですよね。だから「おはなしつき」にしてP数を稼ぐのが目につくのかしら?【参照:幽白ぬりえ⇒2012年2月9日記事】「ぬりえ」「きせかえ」は基本女子が喜ぶ品だから。女子が嬉しいのは「人物」と「お洋服」であるのに対し、男子は「メカロボ」と「ドンパチ(アクション)」でしょう。どちらにせよボクみたいな大きなお友達(爆)は、どんなん品でも大喜びだけど…児童層にとっては、男児が塗りたいのはトルーパーなら鎧だってことか。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック