あじぇんだぜろのぜろ。

=Agenda0.の電脳ホーム=

姫ちゃん≫水ぬりえ

2014.01.16 (Thu)
職場の近所のネジ専門店の看板に「メートルネジからインチネジまで!あらゆるネジが80%揃う店!!」と謳われており…100%と書かない辺りが信用できると思った田仲さんです(人間心理)
「100は言い過ぎじゃね?でもうち大体のネジはあるよな」みたいな。ううむ…完全と言いきらん辺りが日本人心を擽るというか、8割揃えば十分じゃん!寧ろ10割いらんわ!みたいな。ゴール一歩手前で控える奥ゆかしさに、返って信頼と大和魂を感じましたよ。それにしてもメートルネジてデカくね?(真顔)

≪姫ちゃん・水ぬりえ≫
P1000107.jpg
日常に潜むは潜むが、別に調べてまで知ろうとは
思わん程度の疑問を抱きつつ…本日は相方さんコレクションより。
ぎゃろっぷ続きますが、姫ちゃんのすいすいぬりえなるものを。
商品名はすいすい~ですが、水ぬりえってやつですなコレは。


P1000108.jpg
裏側。つか最近もあるのかしらコレ?
ひょっとして2000年代には絶滅してしまっている
紙玩具なのか…?
90年代中期まではポピュラーな
品だったんですが。

P1000111.jpg
開くと下敷き付き。

P1000110.jpg
この水ぬりえと言うやつは付属の筆に
そのものズバリ、お水をつけまして…

P1000112.jpg
中に入っている絵にはこのように、ザックリと
どっとで色分けがされてます。

P1000113.jpg
こんなん。

P1000109.jpg
これを水で濡らすことにより色が溶けて
全面に着色できますよ~って、そう言う代物なんですよ。
確かに今思うとどこに商品価値を見出せばいいのか微妙な
品ですが、それでも普通のぬりえ・きせかえと並び
必ず出る紙商品の一角を担っておりました。


P1000115.jpg
どっかでよく見た柄トーンも時代を感じる。

P1000116.jpg
肌の部分は赤と黄色をちょちょっと乗っけてある。
これを上手く水で伸ばして「肌色」っぽくするのです。

P1000118.jpg
のっぺりしてるなセイ様?!

P1000119.jpg
水を付けるわけだから、紙がしわしわになっちゃって
出来上がりをとっておけないのが難点。大体塗り終わったら
さっさと捨てちゃってたなぁボクも…

P1000120.jpg
ゴリ先生のオシャレスーツ。

うる星の温泉マーク的なアレですかね…。つかゴリ先生いらんかったろ…セイ様止まりにしておけば良かったものを。いやはや、でも流石であります相方さん!!こんな保存のきかない、如何にもリアルタイム品を完品美麗未使用状態でコレクションされておるとは!!こういうのこそテンション上がるんですよ!撮影しながら胸躍る!今年もお互い掘り出し物に出会えるといいですなぁ~

コメント


管理者のみに表示

トラックバック