あじぇんだぜろのぜろ。

=Agenda0.の電脳ホーム=

Zガンダム≫テレビ絵本

2012.08.18 (Sat)
チケを取っていた明日の某ライブに行けなくなってしまい、もう少し前に分かっていたら同志様にチケ譲渡できたのにと、俯き加減な管理人さんです(あー…)ちょいとしたお家の用事に同行せねばならなくなってしまって、仕方がないは仕方がないんスけど!その辺はボクも大人だし?!ブーブー言いませんよ!言いませんとも!表面上は!!(ハートシャウト)せめてどなたか他の行きたい方に行ってもらえたら良かったけど、今日の明日じゃあなぁ。…寧ろ仕事なら休んでた!でもお家的用事だからこそ避けられん!!そこで娯楽を優先させるのは人としてあかんし!うう、勿体ないオバケが出ますよ~…

≪Zガンダム・テレビ絵本≫
P1060234.jpg
そんなやり切れなさを混沌に帰すべく、ZG絵本なぞ。
ZG絵本を紹介するのは2回目ですが、今回は講談社バージョン。

1話目のなのでZでなくマークⅡ。

P1060235.jpg
裏表紙↑

P1060237.jpg
ノッケからどうしていいか分からぬテンションは
前回紹介したひかりのくにバージョンに劣りません。

P1060238.jpg
単純な構図だ!!(たたかって いる !!)

P1060239.jpg
そうじゅうするよったらする!

P1060240.jpg
このわるものめが!!

P1060241.jpg
そして薄々勘付いているかと思うんですが…

P1060242.jpg
キャッチ―なゴシック体煽りが煩いんですよ一々!
ド真ん中に入るし!!「まっぷたつ!」て!!


P1060247.jpg
何ですかねコレは?松岡修造の声とかで
読むといいんですかね??


P1060246.jpg

子分扱いか!!(大尉!)

油断するなリックディアスて(これが若さか…!)そんな序盤からティーンエイジャーにデカい顔されるようじゃ駄目ですよ大尉…セイラさんが泣くぞ。ひかりのくに版よりMS重視、戦闘重視?どちらにせよ冨野ガンダムを児童向け絵本に起こす漢気を、またしても目の当たりにさせて頂きました。ボクも何時までも行けないライブにグジグジ言っていないで、シャアの一人や二人子分扱いしようと思います(よそ見するなリックディアス!)

コメント


管理者のみに表示

トラックバック