あじぇんだぜろのぜろ。

=Agenda0.の電脳ホーム=

マミ≫キャロル付録冊子②

2012.04.16 (Mon)
乗車率120%の通勤電車内で果敢にも紙パック飲料を飲んでいるお姉さんを目撃したんですが(ツ、ツワモノ…!)ペットボトルでもあの状況じゃ辛いのに、何故あえて紙パックを姉さん…や、ボクの姉さんじゃないけど(無関係)蓋もできなければ、一度ストローを挿したら飲み終わるまで止められないじゃないですか。ちょっとでも持ち手に力を込めたら、込めんでも周囲から押されたらブシューッなりかねんのに。
非難しているとかじゃないんですよ。単純に何故それを選んだと、そこまで己を追い詰めなくてはいけないカルマを背負っているのか姉さん、と。…でもその姉さん尋常でなく器用に拳大の空間を確保し、人波から紙パックを守ってるんですよ…そして隙あらば飲む(ちゅーーっ)何か…そういうプロだったんですかね?どういうかは知らんが。

≪マミ・キャロル付録冊子②≫
P1050581.jpg
本日は前に1冊紹介したマミのキャロル付録冊子、別バージョン。
やはり表紙はアニメ絵ですね。前のやつより放送が進んだ時期です。

P1050582.jpg
裏表紙↑

P1050584.jpg
中身は北川女史の漫画なので詳しくお見せできませんが、
とりあえず…

P1050586.jpg
優ちゃんはこの紹介で大丈夫か?
ボクが言ったら軽く病院紹介されるレベルですが…

P1050585.jpg
付録のアイロンプリントも北川版マミ。
80~90初頭くらいまでの少女誌付録における
定番でしたよね、アイロンプリントと紙石鹸は。


P1050587.jpg
お、おう…

P1050588.jpg
こういう純粋な童女層からのおハガキこそ宝ですよね。
変にこなれた絵が混ざっていないのが良い。

童女を偽った成人男子も、流石にキャロルのお便りコーナーには顔を出し難いですもんねぇ。愛の誇示はアニメ―ジュくらいにしておくのが賢明か…。ボクもその昔、思春期頃まではその手の雑誌にハガキを書いていたものですが(ファンロード等(爆))今もこういうお便りコーナーって成り立ってるんですかね?ジャンプ放送局とか、昔ほど熱くないのかしら?今定期購読している雑誌は微妙なラインの1冊しかないからなぁ…。りぼんとかなかよしとかの少女雑誌ではどうなんでしょう…LOVEや第二次性徴に関する悩み相談とか盛んなんですかねぇ……

コメント


管理者のみに表示

トラックバック