あじぇんだぜろのぜろ。

=Agenda0.の電脳ホーム=

指定期間 の記事一覧

メモル》テレビ絵本

2015.10.28 (Wed)
年々過熱していく日本のカボチャ祭商戦に、季節のイベントが増えるのは二次元的なネタの意味も含め、いいことだとカボチャプリンをもぐもぐしている田仲さんです(カボチャ菓子が沢山食べられるのも嬉しい)
宗教観がないからこそ、金の回るお祭りが定期的にあるのは、単純に悪いことじゃないスからね。日本人のそう言うところ好き。ハロウィンネタがアニメ(季節グッズ)に取り込まれるようになったのは、女児ものならおジャ魔女辺りからでしょうか。90年代ぎゃろっぷ系にはまだなかったし。都合の良いネタとして定着したのは、やはり2000年代入ってからスかね。夏休みバカンスネタとXmasネタの間を埋める、良いイベントですよ(笑)

《メモル・テレビ絵本》
P1020011.jpg
ほんなんで今日はメモルのテレビ絵本なぞ。
これも今年の相方さん誕生日プレゼントパックの一部かな?

P1020012.jpg
裏表紙。

P1020013.jpg
絵本としてはこれ、2冊目でしたか。
冒頭、メモルとマリエルが仲良くなった経緯を、
ざっくり説明する粗筋があります。


P1020014.jpg
「いまにも しにそうでした」か。
まぁそうなんだけども。容赦ないな!
あと涙じゃなくて唾液に見えるのは位置のせいか(爆

P1020015.jpg
繊細な色遣いを嫌う児童向け紙モノ業界…
ええもう、マリエルのナイティも真っ黄色ですよ。
夜中の車道でも轢かれませんよ(警戒色


で、すっかり仲良くなったメモルとマリエルでしたが。
P1020016.jpg
メモルの足であるボオボオが怪我をしてしまい、
これでは当分マリエルに会いに行けないわ、どうしよう…

P1020017.jpg
それでもマリエルに会いたいメモルは、冒険しながら
マリエルの家を目指します。
ええと、これって冒頭にピアノの弦が切れた回ですかね?
テレビ絵本は話を豪快に端折るから…メモルはBOXを所持
していないため、動画やら飛び飛びの録画やらで補っているもので。

メモルが小さな体で、頑張って接近している頃…
メモルが急に来なくなり、マリエルも寂しい思いをしていました。
P1020019.jpg
抱き締めたい(真顔)
序盤マリエルの「抱き締めたい」度は、ヒロイン随一ですよ。
まだ弱弱しさが目立つ、あの何とも言えない「壊れ物」感が。
どんどん元気になって、芯の強さが出てくると、それはそれで
また魅力的なのですが。強さも弱さも美しい、透き通るようなヒロイン。


メモルに会うために、ベッドを抜け出しお外へ…!
結果的に二人は出会たのですが、
P1020020.jpg
抱き締めたい(2回目)

P1020021.jpg
森のごちそうを一緒に食べて、乙女の友情を深めるメモマリ。
着々とマリエルに笑顔が増え、元気になっていくのが嬉しい。

P1020022.jpg
素足スリッパ(ありがとう)

アニメではちゃんと、外履きの靴だったと思うんですが。服も違ったし。でも↑これはこれで「抜け出してきた」感がいいなぁと言うか…小鹿のような可憐な素足にスリッパの見た目がいい。青いせいでおもきし病院スリッパっぽいけど。…うう、どうしよう。メモリアルパック買おうかやはり…玩具もだけど、映像音楽系の収納庫もキャパオーバーなんですよね、既に(汗)最近は相当吟味して購入しているものの、どんどん居場所が狭くなるコレクターの性……
 | HOME |  Next »